top of page

10年後の髪を守る。

胃薬が出来てから胃痛というものが始まったという話を聞いたことがあります。



本当はどちらが先だったのかなんてどちらでも良いのですが、そういう説は面白くて好きです。



私達美容師が使う薬剤の代表といえばカラー剤。




カラーといえば白髪染めを希望される方が多いのですが、皆様はいかがでしょうか?




実はこの薬剤少々問題がありまして、正式には酸化染毛剤と言います。




酸化 = 老化 というのは皆さまも良くご存知かと思います。




若い時からヘアカラーをする方が増えた影響で、早く白髪になる方が増えたのではないかと思っております。



白髪を染める際に地肌からベタベタと塗ったり塗られた経験がある方も多いのではないでしょうか。




そして白髪染めをする度に更に白髪を増やしていく。



酸化(老化)させている以上その可能性があると考えております。




白髪が出てきても染めれば良いという考え方は、対症療法的であまり好きではありません。




そしてこの薬剤(カラー剤)とは本当に安全でしょうか?



抜け毛や薄毛・アトピーやアレルギーとは本当に無関係なのでしょうか?



月に1度は白髪染をされる方は、生涯数百回に渡りカラー剤に触れる事になります。



それって本当に大丈夫なのでしょうか。



SAIen.もそんな事にようやく気が付き、今年は取り組んできました。




○頭皮と髪の境目のゼロ地点から薬剤を塗る技術「ゼロリタッチ」。



○有害な薬剤を無害化する方法。



今だけ良いだけでは将来どうなるか分かりません。



「カラーという施術を安全に、10年後の髪も守る。」



そんなテーマの2022年でした。






それでは皆さま良いお年をお迎え下さい。




京都 北山サロン SAIen. 那須研二















閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

bottom of page